So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

埠頭を渡る風

by GRDigitalⅡ
kobe1.JPG

kobe2.JPG

kobe3.JPG

kobe4.JPG

セメント積んだ倉庫の陰で
ひざを抱えるあなたは急に幼い
だから短いキスをあげるよ
それは無くした写真にするみたいに
     -「埠頭を渡る風」by松任谷由実

 

「トラックバック企画 街 に参加」


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

nice!の受付は締め切りました

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
esme

人間の作るものは、機能だけでなく美しさを兼ね備えているものも少なくありません。3枚目の船を繋ぐための「ボラード」もその一つだと思います。とても美しいと思います。もし、別の形だとするとどんな形をしていたのだろうか??左に写る海上保安部の船が、この写真に大きな意味を示唆しているように思われます。すばらしい・・・
by esme (2009-09-20 23:14) 

cjlewis

忘れた景色探しに ここへ来たの
ですよね。
さまざな国の人々、その想い、事情、さまざな物資が
行き交う埠頭には、さまざまなものがしみついている気がします。
たまに行くと、何か大きなものに包まれる気がします。
by cjlewis (2009-09-21 09:56) 

gyaro

いつもありがとうございます^^
モノクロの空もすごく表情があって素敵ですね~♪

昨日は、過去記事へもコメントいただいちゃいまして、
ありがとうございました☆
TBもありがとうございます!
今気づいたので反映させていただきました。
遅くなりまして恐縮でございます。
「容疑者xの献身」私の記事も前記事にリンクさせていただきましたので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆
by gyaro (2009-09-21 14:05) 

21世紀中年

>esmeさま
「ボラード」という名前なのですね…知りませんでした。
>cjlewisさま
ユーミンの曲のイメージとは全然違う写真ばかりですみません。
>gyaroさま
秋の空と雲の調子をだすために、いつもより軟らかめのセッティングで撮ってみました。
by 21世紀中年 (2009-09-21 23:57) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。