So-net無料ブログ作成

スコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)

by GRDigitalⅡ
0905a.jpg

ストックホルム郊外にある共同墓地、スコーグスシュルコゴーデン(森の墓地)。グンナール・アスプルンドとシーグルド・レヴェレンツの設計。1994年、世界遺産に指定される。

この場所について語ることのできる言葉を私は持たない。


0905e.jpg

0905b.jpg

0905d.jpg

人はみな死して自然に還る。クレタ・ガルボもここに眠る。 

0905c.jpg

GRブログ「トラックバック企画 光 に参加」

「トラックバック企画 ハート に参加」


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

nice!の受付は締め切りました

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
esme

1、2枚目と4,5枚目のテイストの違い、この「森の墓地」の表現者の意図を感じざる負えません。又、その違いを的確に切り取っていますね。素晴らしい!!
by esme (2009-09-11 10:10) 

cjlewis

これを見たら、普通の墓地が団地みたいに思えてきました。
by cjlewis (2009-09-11 10:17) 

gyaro

4枚目がとくに好きです~♪
森の中の墓地って、素敵だなと思ったら、
世界遺産なんですね! 納得の景観です☆
by gyaro (2009-09-11 12:30) 

21世紀中年

みなさまご訪問ありがとうございます。
この墓地は一枚目のようにグレタ・ガルボのように墓石があるお墓のほかに、散骨も選べるそうです(全体で12万人が眠っているが内3.5万人は散骨だとか)。
まさに自然に還るわけです。そして、森全体がお墓になるわけです。
ちなみに最後の十字架は花崗岩製の巨大なもので、散骨で葬られた人たちすべての共通の墓石なのでしょう。

by 21世紀中年 (2009-09-11 23:24) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。